柳島カルチャー

ビール片手に!具材たっぷり自家製酵母パン

しっとりと柔らかなクラムにぎっしり詰まったレーズンとくるみ。
国内産小麦粉だけを使い、全粒粉30%混ぜ込んだ生地は、ほの甘い香りとともに、かむほどに複雑なうまみが広がります。

店主の帖佐寛徳(ちょうさひろのり)さんが初めて手がけたのもこの“くるみとレーズンのカンパーニュ”。つくり続けてきた原点のようなパンは、ドイツ製の石炉床オーブンで焼きあげると、表皮は香ばしく、中はふっくら。風味はギュッと凝縮されて、ふんだんに混ぜ込まれた具材と共に「少しでもおいしく!」というお店の気持ちが伝わります。

2018年3月のオープンから7ヶ月。
最寄りの“バス停”から徒歩7分という立地にも関わらず、すでに、たくさんのパン好きの心を捉えている「柳島カルチャー」。パン屋さんらしからぬ店名ですが、自然光の差しこむ店内には焼きあげたばかりのパンと共に、ギャラリーのポストカード、書籍に絵本、そしてクラフトビールの至宝「ベアードビール」も並び、ビール片手にパンを食べるのも本を読むのも自由。“カルチャー”に似つかわしい、くつろぎの空間です。

「“ベーカリー”を名乗るのは、おこがましくて・・」。そう語る帖佐さんが、パンづくりをスタートさせたのは5年前のこと。まったくの初心者であるにもかかわらず、酵母を起こすことから始め、元種をつくって継ぎ足していく・・。時間をかけてひとつひとつを積み重ねる、そんな自家製酵母によるパンづくりの奥深さに惹きこまれていきました。

店のすべてのパンに使われるのは、その頃から継ぎ足してきたレーズン酵母による元種。酵母は微生物、つまり“生きもの”なので、生育する場所や時間によって、個性もさまざま。5年をかけてじっくりと熟成された“柳島カルチャー酵母”はこの店ならではの味わいを醸し、ほかにはないうまみや香りをもたらす、パンづくりに欠かせない相棒のような存在のようです。そんな味わい深いパンは、酵母を使った飲み物=ビールとの相性もきわめて良好。いちじくの甘みにベーコンの塩気がきいた “いちじくとクリームチーズとベーコンビッツ”、スパイシーな“チリビーンズ”、“白い北海道ハーブフランク”など日曜の午後などビール片手に楽しむにはもってこい。

ベーシックな食パンやオリジナルの香ばしいクリームパンなど、ソフトな口あたりのパンに使われるのも自家製酵母と国産小麦粉。石窯パンらしい香ばしさともっちりとした口あたりで幅広い方に喜ばれています。

手間と時間を惜しまずに、慈しむようにつくられたパンは食べ重ねるとやみつきに。1日に仕上がる数は限られています。このチャンスをお見逃しなく!

オススメパン・人気のパン

くるみのレーズンのカンパーニュ、いちじくとクリームチーズとベーコンビッツ、チリビーンズ、おやき風つぶあんぱん、クリームパン、食パン、過剰なシナモントーストなど

くるみとレーズンのカンパーニュ

おやき風つぶあんぱん(中央)

クリームパン

 

店舗情報

住所

茅ヶ崎市中島1209-1

電話番号

090-3538-1222

営業時間

9時~18時(売り切れ次第終了)

定休日

月・火曜日

駐車場の有無

1台

Instagram

https://www.instagram.com/yanagisimaculture/

facebook

https://www.facebook.com/yanagisimaculture/

Follow me!