ブランジュリ シェファファ

フランス正統の味を継承する本格ブランジュリ

2008年の開業から、本格フランスパンの味を提供してきた「ブランジュリ シェファファ」。
10年を経てもなお、口にするたびに新鮮な驚きを与えてくれます。オープン当初からフランス人シェフによって培われてきた技術とレシピは、昨年、長年に渡ってこの店のパンづくりを共にしてきた山田賢司シェフに受け継がれ、さらに磨きをかけています。

そのひとつが“ペイザン”。
ほっそりとしたバトン型パンは、手にしてみると意外にもずっしり。昼頃に売り切れてしまうこともしばしば、という人気の秘密は、オレンジピールとレーズン、クルミを、生地の半量ほども混ぜ込んだジューシーな味わいと、そして2日間かけて仕込むパン生地そのもの美味しさ。
日本ではなじみの薄い“ポーリッシュ法”とよばれる複雑な製法による生地は、油脂や乳製品を加えずに、小麦粉本来の甘みと香りを引き出し、潤いのある口あたりに仕上がるのだそう。しかも焼きたてだけでなく、次の日も美味しくいただけるなど、いいことずくめ・・ですが、敬遠されがちな製法です。なぜなら「前日から低温で長時間かけて発酵させた生地に、翌日、再び粉を加えてこねあげ・・・」と、とにかく手間と時間がかかるのです。
しかしその特別な味わいを大切にする山田シェフが手を抜くことはありません。

「具材を惜しまないのはもちろんですが、何よりも生地そのものの風味を大切しています」というオーナー・パティシエールの鈴木佳代子さん。自身もパリのブーランジュリ・パティスリーで経験を積み、帰国後にフランス人シェフと共にお店を立ち上げてからは運営を中心に、フランスレシピの味を守ってきました。初代シェフの帰国後は再び厨房に戻り、ヴィエノワズリの折込生地なども担当しています。

現在、店頭に並ぶ40〜50種類ほどのパンのなかで、トラディショナルバゲット、赤ワインで仕込む“ヴァン・ソーシスソン”、自家製りんご酵母使用のカンパーニュなどのハードタイプと、クロワッサンや仏産バトンショコラを挟んだパン・オ・ショコラなどのヴィエノワズリは、すべてフランスの技術とレシピに忠実につくられています。いっぽうで菓子パンや食パンなど日本生まれのパンは、材料を厳選したオリジナルメニューが揃います。
こちらも好評で、クリームパンは湯種生地を使ったもっちりとしたパンに、ミルクと卵黄、砂糖だけで炊き上げた自家製カスタードクリームが溢れ出るほどたっぷり。甘さを控えたトロトロクリームはもっちりした食感と最高の相性。そのままでももちろん、軽くトーストすれば香ばしく、新たな美味しさが楽しめます。

今回がパン祭り初出店のシェ ファファ。丹念に時間を惜しまずにつくられる、本格フランスレシピの味をこの機会にぜひ!

オススメパン・人気のパン

ペイザン(オレンジ・レーズン・クルミ)、ヴァンソーシスソン(サラミ・チーズ)、クリームパン、トラディショナルバゲット、パンオショコラ、シュケット(フランス焼菓子)など

ヴァンソーシスソン

ペイザン

パンオショコラ

クリームパン

トラディショナルバゲット

マロンブリオッシュ

店舗情報

 

住所

神奈川県藤沢市辻堂4-6-18

電話番号

0466-34-0141

営業時間

9:00~18:00(売り切れ終了)

定休日

日・月曜日

ホームページ

https://www.chez-fafa.com/

Instagram

https://www.instagram.com/chezfafatsujido/

Follow me!